りゅう blog

知識共有ブログ

【書評】伝え方が9割【まとめ】言葉巧みに相手を操る文章テクニック

「文章が苦手」

「どうしたら伝わる文章が書ける?」

「文章力を簡単に身に付ける方法は?」

 

人を感動させる文章が書きたい。

でも、どうやって書けばいい?

 

ブログを始めると、この悩みがあると思います。

 

ぼくは、ブログを始めた頃。

 

「みんなどうやって文章を書いてるの?」

特別な方法を探していました。

 

でも、そんな方法を探してもムダでした。

 

当然ですね。文章力は書かなければ身に付くわけがありません。

 

この事実を知りながら、書くのが面倒でノウハウばかりを探していました。

 

今回は、ノウハウを探すばかりで文章力が全く身に付かなかったぼくが、人から感謝される文章をかけるようになった考え方を紹介します。

 

わかりく短い文章力をつけたい方はコチラを参考にしてみてください。

 

■ブログで得られること

・刺さる文章の考え方

・文章が作れない原因

Twitterで応用する方法

刺さる文章が作れない3つの原因

・ストレートな言葉も良い方で変る

「誰に」が決まっていないから言葉が刺さらない

お勧めの言葉よりもメリットを伝える

 

それぞれ説明しましょう。

 

ストレートな言葉も良い方で変る

 

相手のことを考えていない。

 

何でもストレートに言えば伝わるわけだはない。

ストレートな言葉で不快にさせることもある。

 

例えば自転車を駐輪場へ置いてほいい場合。

 

「自転車をここに置かないでください」。

と伝えるよりも。

 

「ここにおくと自転車が盗まれます」。

と伝える方が相手に伝わる。

 

自分が言いたいことをストレートに伝える。

これだけでは相手に刺さりません。

 

ぼくは、この伝え方を知らず苦労しました。

 

副業を始めたとき。Twitterやブログなど、稼げると言われるものに手を出してきました。

 

誰でも稼げるなら自分も稼げるはず。でも、何をやっても稼げませんでした。

 

当然ですよね。発信で稼ぐには、伝える力あることが前提ですから。

 

伝える力がなければ、どれだけ頑張っても相手に刺さらず稼げません。

 

「誰に」が決まっていないから言葉が刺さらない

 

壁に話しても言葉は返ってこない。

 

文章を書いても反応がない。多くの人がこの悩みをもっている。

 

しかし、なぜ頑張っても反応がないのか原因を知らない人が多いのも事実。

 

実際、あなたは誰に向けて書いてますか?

この質問に答えられる人は少ない。

 

それは、伝えるべき相手がいないから。

結局ここに行きつく。

 

仮に相手が決まっていればどうなるのか。

少し考えてみ見てほしい。

 

例えば自転車を買ってほしい場合。

相手によって言葉が変わるはずです。

 

■運動に使いたい人。

壁を超える力を。

■オシャレな自転車を探す人。

賢いチョイス!今探していたのはこの自転車

■自転車の事故を減らす場合。

「私に限って自転車事故とかありえへん」その考えがありえへん。

 

自転車1つでも、伝える相手で言葉も変わります。

 

過去にぼくは自転車を購入したことがあり。

購入しようか迷った自転車がありました。

 

でも、店員さんに「このバイクに乗ると、みなさんママチャリに戻れないくなった!と言われるほどのバイクです」。

 

何それ、すげー気になる。

購入する決め手になりました。

 

伝える相手がいるかで刺さる言葉は変わります。ここを理解しましょう。

 

お勧めの言葉よりもメリットを伝える

 

お客は便利かで商品を購入する。

 

商品販売で失敗する原因の1つでもあります。

 

商品販売で「これすごいからお勧めです!」。と伝える人がいますが、これではいつまでも商品は売れません。

 

実際、ぼくはTwitterアフィリエイトを始めて際。

 

「この商品すごい人が出している商品で、この部分がすごいのでお勧です」。と発信をしていました。

 

見ている側からしたら「どうでもいい」。

この一言でかたずけるでしょう。

 

まずは相手にメリットを伝えることが大事。

 

例えば気になる人を食事に誘いたい場合。

 

「デートしてください」。とストレートに伝えたら相手に引かれます。

 

しかし、伝え方を変えるとOKをもらえます。

 

「驚くほど美味しいパスタのお店を知っているので、一緒に行きませんか?」。相手がパスタ好きならOKをもらえるでしょう。

 

■メリットがどこにあるのか?

 

「デートしてください」

(相手にメリットがない)

 

「驚くほど美味しいパスタのお店を知っているので、一緒に行きませんか?」

(美味しいパスタが食べられるメリットがある)

 

相手のメリットを見つけ、相手に伝える。

これができないと商品は売れません。

 

刺さる文章の作り方

1.サプライズ法

2.ギャップ法

3.赤裸々法

4.リピート法

5.クライマックス法

それぞれ説明しましょう。

 

1.サプライズ法

 

伝る言葉に驚きワードを作る方法。

 

この言葉は、相手の心を動かしたいときに使えます。

 

人はサプライズに弱い生き物です。驚きのあるモノを見たいと思ってるし、体験したいと思っている。

 

例えばバラ100本を事前に知って渡されるより。

突然渡される方が嬉しいと思います。

 

ビジネスの発表会でもそうです。

 

新車を発表する際、公開するギリギリまで布をかぶせているのを見たことがあると思います。

 

あれは、ホコリがかからないようにとか。

汚れが付かないようにするためではない。

 

あれはサプライズ法を使って、人を感動させるために使われます。

 

全く興味がない人でも、注目してしまうのが特徴。

 

■サプライズ法の例

 

「今日はいい天気」

「実は今日はいい天気」

「びっくり、今日はいい天気」

「信じられない、今日はいい天気」

 

 

伝え方次第で印象を操作する事が可能。

 

サプライズ法は誰でも応用ができます。

実際、思い出してみたらわかるうと思います。

 

あなた自身、これまでの人生で使ったことがあるはず。

あとは、それを文章にするだけです。

 

最初は思いついた言葉を書いてみる。

慣れたらアレンジしてみる。

 

これだけで、あなたの文章は磨かれます。

 

2.ギャップ法

 

伝えたい言葉にギャップを持たせる方法。

相手の感動エネルギーを高める効果があります。

 

例えば、次の言葉はすべてギャップ法です。

 

・NO.1にならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン(世界に1つだけの花)

・事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!」(踊る大捜査線)

・お前の為にチームがあるんじゃねぇ、チームの為にお前がいるんだ!!」(スラムダンク)

・高く、堅い壁と、それにあたって砕ける卵があれば、私は常に卵の側に立つ(村上春樹)

 

これらの言葉は多くの人を感動させました。

 

それをあなた自身が作れるようになる。

そう考えるワクワクしませんか?

 

ぼくは文章ノウハウ学べば、人を感動させられると思っていました。

 

しかし、文章を書いても人を感動させることはできませんでした。

 

当然ですよね、人の心の動かし方ではなくノウハウばかりを学び。

 

感情エネルギーを最大限にする方法を学ばずにいたんですから。

 

例えば今まで「あなたが好き」。

と言っていました。

 

これはストレートな言い方です。

これを基準に考えるとしよう。

 

ここに言葉エネルギーを高める方法を加えるとしたら?

 

それは、スタート地点を下げ、言いたい意味に、ギャップを加えるだけです。

 

「嫌いになりたいけど、あなたが好き」。

となるのがわかると思います。

 

 

あえて、「好き」の反対のワード「嫌い」を使うことで、強いギャップが生まれます。

 

すると、「好き」に強い言葉エネルギーが加わります。

 

ここで、たまたま思いついて「嫌い」という言葉を入れたわけではありません。

 

意識して、反対の言葉を入れることで、強いギャップを作りだしたのです。

 

もう1つ例を出してみましょう。

 

「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ。」(オバマ大統領就任演説)

 

人々を熱狂させたオバマ大統領就任の言葉。

彼がもとも言いたかったことは何だと思いますか?

 

「これは、あなたの勝利です!」。

これだけです。

 

選挙で戦ってきた人々への称賛です。

 

でも、彼はあえて「あなた」の反対側である「私」という言葉を、その前に使ってギャップを作りだしたんです。

 

「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ」。

 

この言葉こそが、人々の感動を最高潮にしたものでした。演説を聞いて、涙を流す人たちもいました。

 

 

ですが実は、オバマ氏がその場でこの言葉を思いついたのではありません。

 

オバマ氏には、ジョン・ファブローという演説ライターがいます。

 

オバマ氏の言いたい趣旨を、より感動的に伝える言葉を作り変えたのです。

 

この感動は作り出されたものです。

 

人を「感動」させる言葉は、日本にたりない部分です。日本は政策ばかりで、感動がないから国民がついてきませんからね。

 

感動を作るには、ただ伝えたいことをそのまま言い放つのではなく、伝えたい内容にギャップを作ることです。順に説明しましょう。

 

①もっとも伝えたい言葉を決める

②伝えたい言葉の正反対のワードを考え、前半に入れる

③前半と後半が繋がるよう、自由に言葉を埋める

 

この3つだけです。

 

 

実際に考えてみると、さらにわかりやすいので、一緒に考えてみよう。

 

では、手順に沿って考えてみましょう。

 

■原文

「私は味方です」。

このギャップ法で、強い言葉にすると。

 

①もっとも伝えたい言葉を決める。

ここでは、「味方」を最も伝えたいと決めます。

 

②伝えたい言葉の正反対のワードを考え、前半に入れる。

「味方」の正反対のワードはなんでしょう?「敵」ですね。

 

③前半と後半が繋がるよう、自由に言葉を埋める。

ここは、日本人の得意な穴埋め問題です。

 

 

ここは、穴埋めが繋がればなんでもOKです。

 

ギャップ法を使えば、誰でも感動を作ることができます。

 

 

3.赤裸々法

 

あなたの言葉をプロが書いたように変える技術。

 

次の言葉であなたの脳裏に焼き付いて離れない言葉があるハズです。

 

上を向いて歩こう、涙がこぼれないように(坂本九)

・息を切らしてさ、駆け抜けた道を(Mr.Children)

・朝、目が覚めると泣いていた(片山恭一)

 

これらはすべて「赤裸々法」です。

 

「赤裸々法」はあなたの言葉に、体温を作り。

ときに詩人のようなニュアンスを作ることができる。

 

歌詞や映画のセリフにも使われる手法です。

 

例えば「唇が震えてる。あなたが好き」。

と言うと自分の中からの赤裸々な言葉に感るはず。

 

 

伝えた相手の心にグッとくる言い回しでしょう。

 

これにも、作り方があります。

1つ例を出しましょう。

 

「あなたが好き」。この言葉を赤裸々にしてみよう。

このとき意識するのは、あなたの体の反応です。

 

顔はどうですか?

赤くなりますよね。

 

のどはどうなりますか?

カラカラになりますよね。

 

唇はどうなりますか?

ふるえますよね。

 

このどれを使ってもOKです。

 

いつもは言葉にしない赤裸々な感覚。

これを言葉にするだけです。

 

そして「あなたが好き」の前に入れるだけ。

これだけで文章に体温を持たせることができる。

 

こういう言葉は、天から降ってくるものだ。

と考える人がいますが、そうではなく。

 

あなた自身が型通りに書けば作れます。

赤裸々法は料理と同じなんです。

レシピ通りの言葉を作るだけ。

 

突然のひらめきや文章力なんて必要ない。

レシピさえあれば誰でも作れます。

 

では、どうやって作るのか?

順を追って説明しましょう。

 

①もっとも伝えたい言葉を決める

②に自分の体の反応を赤裸々に言葉にする

③赤裸々ワードを、伝えたい言葉の前に入れる

 

赤裸々法は②がポイントです。

 

普段は感じても言葉にしなかったことw、あえて赤裸々に言葉にするのです。

 

■以下から質問を選んでみよう

・顔は?

・のどは?

・くちびるは?

・息づかいは?

・目は?

・うぶ毛は?

・肌は?

・頭の中は?

・手のひらは?

・指の先は?

・血のめぐりは?

 

チェックポイントは、ふだん口にしない言葉

 

例えば顔は、「あなたが好き」だと赤くほてりますよね。

 

 

手順に沿って、例題を一緒に考えてみましょう。

 

■例題

「お腹がすいた」。を赤裸々で、強い言葉にしてください。

 

①もっとも伝えたい言葉を決める。

ここでは、そのまま「お腹が空いた」ですね。

 

②十文の体の反応を赤裸々に言葉にする。

お腹が空いた時に起こる、自分の体の反応はどんなでしょう?

頭の中は?何も考えられなくなりますよね。

極端におなかが空けば、唇がヒリヒリします。

 

③赤裸々ワードを、伝えたい言葉の前に入れる。

実際に入れてみましょう。

 

「何も考えられない。お腹が空いた」。

 

「おなかがぐっと締め付けられる。お腹が空いた」。

「くちびるがヒリヒリ。お腹が空いた」。

 

となります。どれにしてもOKです。

 

お腹がすいてしょうがないって感じがでますよね。

 

しかも書いたあなたの言葉は、人間味があって、素敵にうつります。

 

これらの言葉は、レシピ無くして、はじめから生み出すのは相当なひらめきが必要です。

 

ですが、あなたはいま、いつでもそれをつくれるレシピを手に入れたのです。

 

4.リピート法

 

相手の記憶にすりこみ、感情をのせる技術。

 

何かを覚えたいときってどうしますか?

 

繰り返し口に出したり、紙に書いたりするはずです。

 

これは自分にだけじゃなく、相手にも有効です。

 

リピートして聞かせることで、聞き手の記憶にすりこむことができる。

 

例えば幼少期に聞いた童話が今でもすらすら出てきますよね。もうはるかなる昔なる昔なのに覚えていますよね。

 

・さいた、さいたチューリップのはなが~

・桃太郎さん、桃太郎さん、お腰につけた~

・まいにち、まいにち僕らは鉄板の~

ドラえもんドラえもんホンワカパッパ~

 

これらすべて、リピートで作られています。

小さい頃に聞いた歌ですが、ぼくは今でも覚えています。

 

この童話はたまたま覚えていたわけだはありません。

記憶に残るように歌詞が構成されているのです。

 

作詞家が意識して書いたかどうかはわかりませんが、結果として時代を超えて残っている童話は、ほぼすべてリピートを使っています。

 

もし、リピートがなかったら?

 

・さいた、チューリップの花が~

 

だけでだったとしたら、ここまでのメジャー局にはならなかった。そうは思いませんか?

 

・さいた、さいたチューリップの花が~

 

このリピートがあったから何世代にもわたって歌い継がれているのです。

 

記憶に残すことに加えて、「さいた、さいた、」。

 

2回繰り返すことでチューリップがさいたことへの喜びが伝わってきます。

 

つまり、リピートする事で感情を載せることができるのです。

 

・まいにち、ぼくらは鉄板の~

 

ではなく。

 

・まいにち、まいにちぼくらは鉄板の~

 

と繰り返しているから、今の状況に飽き飽きしている感情を入れることができるのです。

 

記憶に残すことと、感情をのせること。その2つを併せ持つことができるのがリピート法です。

 

実は現代でも名曲と呼ばれるその95%がリピートで作られています。

 

・遠く、遠く離れてゆくエボラシライン(サザンオールスターズ)

・love、love愛を叫ぼう、愛を叫ぼう~(DreamsComeTrue)

・Youre  everything   Youre  everything(Misia)

・会いたくて、会いたくて震える~(西野カナ)

 

あなたの好きな曲を思い浮かべてみて下さい。

それらのほとんどがリピートを使ているはずです。

 

リピート法はコミュニケーションでも絶大な効果があります。

 

例えば「うまい」より。

「うまい、うまい」。

 

こちらの方が、言葉エネルギーがあります。

「うまい」という感情が強く伝わってきます。

 

言葉がリピートすると、心からそう思っているように伝わり、強く印象的に伝わります。

 

 

誰でも知っているリンカーン大統領の有名な演説があります。

 

「人員の、人民による、人民のための政治」。

 

こrがなぜ歴史を超えて、ここまで世界中に伝わったのでしょうか?

 

もちろん内容が素晴らしかったこともあります。

だけど、内容が素晴らしい演説は山のようにあり。

 

その中でもこちらが世界で知られている演説となったのは、リピート法を使って、聞く人の記憶にすりこみ、感情を揺さぶったから。

 

 

 

リピート法を作るのにも方法があります。

 

①伝えたい言葉を決める

②繰り返す

 

たったこれだけです。

 

イピート法は「強い言葉」をつくる技術で最も簡単な方法。

では、この手順に沿って、例題を一緒に考えてみましょう。

 

①もっとも伝えたい言葉を決める。

ここでは、「熱い。」とします。

②に繰り返す

「熱い」を繰り返す。

 

「今日は暑い、暑い。」

 

非常に簡単ですね。

 

もともの「今日は暑い。」だと、なんとなく感情を言っただけのようです。

 

しかし、「今日は暑い、暑い。」となると顔に汗をかいていそうで、上着もぬぎたくなるようなニュアンスが出ると思います。

 

 

だから、より「暑い」が強く伝わるのです。

 

そして、本音として心から言っている感じも伝わります。

 

5.クライマックス法

 

寝ている人も目を覚ます、強烈なメッセージ技術。

 

人の集中力は20分と言われています。ですから授業や会議の後半に、集中がとぎれてしまうのは仕方がありません。

 

「眠くなるのは、やる気がないからだ」という精神論はナンセンスです。

 

もともと人間はそこまで手中力を保つことができないのです。

 

その一方で、スピーカー側からすると自分がせっかく話しているのに、相手に眠られてしまうほど屈辱的なことはないですよね。

 

この「クライマックス法」は、途切れかけた相手の集中力を戻し。

 

あなたの話にもう一度食いつかせることができる技術です。

 

学生時。授業でつまらない話を思い出してください。

最初は聞いても後半から眠くありますよね。

 

でも、そんな時。

「これだけは覚えてほいいのですが~」。

と言われたら一発で目が覚めますよね。

 

 

この言葉実は、聞き手の集中スイッチを入れ直すことが主な目的。

 

クライマックス法は、あなたが伝えたいと思っている相手に「これから重要な話が始まるんだ。聞いておかなくては!」。

 

と思わせて集中力をこちらに向かわせる技術です。

 

このクライマックス法は、ロケット発射直前の「3、2、1」と同じです。

 

そのアナウンスがあると期待が高まりますよね。カウントダウンが聞こえたとして、その方向を向かないでいられる人は、非常に数少ないはずです。

 

今では、ロケット(伝えたい話し)をカウントダウンなしに打ち上げていた方も多いと思います。

 

相手とするなら、知らない間、他のことを考えている間にロケットが飛んでいたということもあるでしょう。事前にカウントダウンを伝えてあげることで、あなたの伝えたいことが的確に集中力をもって聞いてもらえるようになります。

 

この他にも、クライマックスをつくるには以下のような言葉があります。

 

「ここだけの話しですが~」

「一言だけ付け加えますと~」

「他では話さないのですが~」

「誰にも言わないでくださいね~」

「3つのコツがあります、1つ目~」

「これだけは忘れないでくださいね~」

「ワンポイント・アドバイスですが~」

「これだけは覚えてほしいのですが~」

 

などです。

 

クライマックス法を作るには、2つのステップがあります。

 

①いきなり「伝えたい話」をしない。

②クライマックスワードから始める。

 

 

■例文

「私はカレー好きです。」をクライマックス法で、強い言葉にしてください。

 

①いきなり「伝えたい話し」をしない。

ここでは、言いたくてもグッとこらえます。

 

②クライマックスワードから始める。

「ここだけの話ですが」を選んでみました。

 

「ここだけの話ですが、私はカレーが好きです」

 

もともの「私はカレーが好きです」。

 

だけだと、無意味な独り言のようおですが、「ここだけの話ですが、私はカレーが好きです」。

 

となるとその独り言も、貴重な情報のように聞こえてきます。

 

 

ぼーっと聞き流している人がいっとしても、この部分だけは話し手の言葉が、印象残ったはずです。

 

技術は、身に付ける事ができます。

 

学校の先生をはじめ、会議の司会などをする方法が、この伝え方の技術を身に付ける事ができたら、どれだけ授業や会議がもりあがることでしょう。

 

人は伝え方が苦手なのは、仕方がありません。

 

なぜなら、その技術を学ぶチャンスがなかったから。

 

そして今、あなたは知ることができました。

 

クライマックスを作れば、切れかけた相手の集中スイッチを入れられる。

 

本を読んで学ぶのが苦手な方は、漫画で学べる文章の書き方の本で学んぶことを勧めます。

 

漫画なので、話が頭に入りやすく、あなたの自身ストレスなく伝わる文章の書き方がわかるうようになります。


伝え方が9割

 

刺さる文章をじぶんの文章に活かす方法

Twitterの場合

・ブログの場合

YouTubeの場合

 

軽く説明しましょう。

 

Twitterの場合

・ツイート

・プロフの作成

 

2つで活用することができます。

 

ツイートでサプライズ法を活用する。

 

ツイートでギャップを法を活用する。

 

ツイートで赤裸々法を活用する。

 

ツイートでリピート法を活用する。

この方のツイートでは、「フルタイムで働く」。

という言葉をほぼ毎日投稿しています。

 

それくらい、伝えたい言葉を連続的に投稿するということです。

 

ツイートでクライマックス法を活用する。

 

最後に人の体温が感じられる文章を意識する。

これだけでいい文章が作れます。

 

■ブログの場合

・タイトル

・見出し作成

YouTubeの場合

・サムネイル

・動画のタイトル

 

残り2つも活用法は同じです。

 

本を読んで学ぶのが苦手な方は、漫画で学べる文章の書き方の本で学んぶことを勧めます。

 

漫画なので、話が頭に入りやすく、あなたの自身ストレスなく伝わる文章の書き方がわかるうようになります。


伝え方が9割

 

まとめ

 

1.サプライズ法

2.ギャップ法

3.赤裸々法

4.リピート法

5.クライマックス法

どんな人でも「知識」があれば、

プロ並みの文章を書くことができます。

 

しかし、多くの人は文章は天から降りてくるもの。

そう勘違いをしています。

 

天才じゃなくても、勉強次第でプロ並みの文章は

誰にでも書くことができます。

 

ここは勘違いしないでくださいね。

 

5つのステップを考えることで、

誰でも文章を作成する事ができる。

 

これを覚えておけば、文章下手を脱出できます。

無料特典をプレゼント

ぼくが実績ゼロの時に何をして稼げるようになったのか。その一部を無料特典として配布中。

  1. 無料相談を受け付け中
  2. アフィリエイトで稼げない理由
  3. アフィリエイト収益化できた理由
  4. 実績ゼロからアフィリエイトで稼げた手法

以上の内容です。

公式LINEでは、登録者の7名以上が1週間以内に5桁以上を収益化させた。手法も公開中。

 

無料特典を受け取る方はコチラをクリック。

実績・知識ゼロから収益化できた本当の真実をまとめたレポートを配布中

 

ブログで話さないことを、

公式LINEで配信中!

 

  • ビジネスを学べ!
  • ノウハウだけでは稼げない!
  • 初心者はコンサルを受けろ!

 

初心者なら絶対にこれからやるべき。

 

その嘘に騙されず、何もない初心者から

独学で収益化して0→1突破。

 

ぼくがここまで達成できた理由を、

ぼくの恥ずかしいエピソードをまとめた。

レポートを配布中。