りゅう blog

知識共有ブログ

【 ドリュー・ゴダード/キャビン】凡人ライターが人を感動させる方法【ネタバレ注意】

ホラー映画って好きですか?

 

最近コメディー映画かな?と思うほど、気になった映画があったので紹介しようと思います。

 

笑える映画で人生の成功法則を知りたい方はコチラのブログ記事を参考にしてみてください。

 

■ブログで得られること

・人を感動させる2つテクニック

・文章で人を感動させる方法

・人が感動するとき

キャビン:ストーリー

 

夏休みに山奥へとバカンスへ出かけた大学生5人。

 

古ぼけた山小屋の地下で見つけた謎の日記を読んだ時、何者かが目覚め、一人、また一人と殺されていく。

 

しかし、その裏に若者たちが「定番のシナリオ通り」死んでいくよう、すべてをコントロールしている謎の組織があった。

 

その組織の目的は? 若者たちの運命は―? その先には、世界を揺るがす秘密が隠されていた…。

 


 キャビン

 

キャビン:人を感動させるために必要なこととは?

会社の人事評価でよく聞く「期待値」フレーズとしてこんなものがあります。

 

 

上司:君の社員ランクは2で、このランクの期待値は○○の業務ができる事だから、君の評価は「良い」だね

 
 
 
家族や異性でも「期待値」というのは存在します。
 
 
 
 
 

異性:私はこんなに頑張ってるのに・・・あの人は全然頑張ってくれない。

 
 
 

100円でも、1万円でも「相手の期待値」を超える事が大切。

 

つまり、上司でも、恋人でも家族でも、知人でも、相手は自分に対して「どんな期待をしているか?」を把握し、その期待値を超える事ができれば感動する。

 

「期待があるか、ないか」で印象が変わってくる。

 

・期待が無い・・・お菓子をもらえるという「期待が無いので」100円のでも、もらえるだけで嬉しい

 

・期待がある・・・クリスマスだから1万円くらいのプレゼントを「期待していたので」3000円の安物のプレゼントしかもらえなかった。

 

キャビン:人を感動させるサプライズ法とギャップ法

 

人を感動させる基本的な方法は「下げて上げる」。

 

いい意味で相手の期待を裏切り、相手の期待値を上げる。という方法です。

 

サプライズ法とギャップ法は心理学にもあり。人を感動させるときによく使われます。

 

サプライズ法は文章やシナリオなど、人の目に触れるコンテンツに活用すれば、簡単に人を感動させることができます。

 

たとえば君の膵臓がたべたい。という映画。

 

この映画はいい意味で視聴者を裏切り、期待値を上げた映画といえます。

 

簡単に説明すると、すい臓の悪いヒロインと主人公のラブストーリーで、最後はヒロインが亡くなるお約束の映画の1つです。

 

しかし、この映画はヒロインが亡くなるお約束のパターンがあったにもかかわらず、大成功をおさめました。

 

その理由がヒロインがすい臓の病気で亡くなる。誰もが予想する死を裏切って、ヒロインが別の亡くなり方をしたことにあります。

 

どういうこと?と思うかもしれないので、もう少し説明しましょう。

 

恋愛映画あるあるですが、ヒロインは自信が抱えている病気で死ぬというテンプレートな映画を見たことがないでしょうか?

 

恋愛映画を見ると最後は感動させるために、ヒロインを殺すのだろうと多くの人が簡単に想像するでしょうね。

 

もちろん、そうでない映画もあります。

 

しかし、泣かしにくる映画はたいていヒロインが最後は死にます。

 

この君の膵臓をたべたいという映画は、ヒロインがすい臓の病気を抱えています。

 

そして、この映画を見る前の人の多くは、「ヒロインはすい臓でラストは死ぬのだろう」。そう思った人がほとんどでしょう。

 

しかし、実際はすい臓ではなく。病気とは関係のない殺人でヒロインが殺されるというラストになっています。

 

だから、この映画を見た人は口をそろえて「すい臓で死なないの?!」。ラストが意外過ぎて涙を流してしまった。と言いました。

 

このことから分かる通り、人は「こうなるだろう」。と期待していたことがいい意味で裏切られると感動します。

 

そして、「いい意味での裏切り」。

 

この裏切りをブログやシナリオ作成など、文章を使ったコンテンツに活用すれば、人の感動させる器官を自在に刺激できるようになります。

 

そうすれば、凡人でも簡単に人を感動させるこができます。

 

ギャップ法は、今回紹介しているキャビンにめちゃくちゃ使われます。

 

例えば画面の後ろから、ひっくりと主人公たちに近づき襲い掛かろうとするシーンがあり。

これは1人ゾンビに襲われるシーンなんだな。

 

そう思っていた見ていたら、主人公たちは後ろをふりむいて発した言葉が絶叫ではなく。

 

「邪魔なんだよ!」。そして、振り向先にいたゾンビを吹き飛ばして逃亡。

 

ゾンビ映画なら1人はかみ殺されそうになるようなシーンで、邪魔の一言で乗り越える…。

 

「ホラー映画じゃなくて、コメディー映画だったけ?」と思いました。

 

その後も、襲われるシーンや友人とのお別れのシーンでも、想像していたシーンとは予想を覆すようなことばかり。

 

まさかホラー映画で、ここまで笑わせにくる映画があるなんて、新鮮過ぎて一度見てハマってしまいました。

 

ギャップを使えば、怖いけどなんかいい。

 

といったように、相手の想像を覆すことができれば、人を感動させることができます。

 

次はサプライズ法とギャップ法を文章に活かす方法について紹介していきましょう。

 

サプライズ法+ギャップ法を文章で活用する方法

・サプライズ法

・ギャップ法

 

この2つはブログやライターなど、文章を使った仕事をするうえでは欠かせない技法です。

 

1.サプライズ法

 

伝る言葉に驚きワードを作る方法。

 

この言葉は、相手の心を動かしたいときに使えます。

 

人はサプライズに弱い生き物です。驚きのあるモノを見たいと思ってるし、体験したいと思っている。

 

例えばバラ100本を事前に知って渡されるより。

突然渡される方が嬉しいと思います。

 

ビジネスの発表会でもそうです。

 

新車を発表する際、公開するギリギリまで布をかぶせているのを見たことがあると思います。

 

あれは、ホコリがかからないようにとか。

汚れが付かないようにするためではない。

 

あれはサプライズ法を使って、人を感動させるために使われます。

 

全く興味がない人でも、注目してしまうのが特徴。

 

■サプライズ法の例

 

「今日はいい天気」

「実は今日はいい天気」

「びっくり、今日はいい天気」

「信じられない、今日はいい天気」

 

 

伝え方次第で印象を操作する事が可能。

 

サプライズ法は誰でも応用ができます。

実際、思い出してみたらわかるうと思います。

 

あなた自身、これまでの人生で使ったことがあるはず。

あとは、それを文章にするだけです。

 

最初は思いついた言葉を書いてみる。

慣れたらアレンジしてみる。

 

これだけで、あなたの文章は磨かれます。

 

2.ギャップ法

 

伝えたい言葉にギャップを持たせる方法。

相手の感動エネルギーを高める効果があります。

 

例えば、次の言葉はすべてギャップ法です。

 

・NO.1にならなくてもいい、もともと特別なオンリーワン(世界に1つだけの花)

・事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!!」(踊る大捜査線)

・お前の為にチームがあるんじゃねぇ、チームの為にお前がいるんだ!!」(スラムダンク)

・高く、堅い壁と、それにあたって砕ける卵があれば、私は常に卵の側に立つ(村上春樹)

 

これらの言葉は多くの人を感動させました。

 

それをあなた自身が作れるようになる。

そう考えるワクワクしませんか?

 

ぼくは文章ノウハウ学べば、人を感動させられると思っていました。

 

しかし、文章を書いても人を感動させることはできませんでした。

 

当然ですよね、人の心の動かし方ではなくノウハウばかりを学び。

 

感情エネルギーを最大限にする方法を学ばずにいたんですから。

 

例えば今まで「あなたが好き」。

と言っていました。

 

これはストレートな言い方です。

これを基準に考えるとしよう。

 

ここに言葉エネルギーを高める方法を加えるとしたら?

 

それは、スタート地点を下げ、言いたい意味に、ギャップを加えるだけです。

 

「嫌いになりたいけど、あなたが好き」。

となるのがわかると思います。

 

 

あえて、「好き」の反対のワード「嫌い」を使うことで、強いギャップが生まれます。

 

すると、「好き」に強い言葉エネルギーが加わります。

 

ここで、たまたま思いついて「嫌い」という言葉を入れたわけではありません。

 

意識して、反対の言葉を入れることで、強いギャップを作りだしたのです。

 

もう1つ例を出してみましょう。

 

「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ。」(オバマ大統領就任演説)

 

人々を熱狂させたオバマ大統領就任の言葉。

彼がもとも言いたかったことは何だと思いますか?

 

「これは、あなたの勝利です!」。

これだけです。

 

選挙で戦ってきた人々への称賛です。

 

でも、彼はあえて「あなた」の反対側である「私」という言葉を、その前に使ってギャップを作りだしたんです。

 

「これは私の勝利ではない。あなたの勝利だ」。

 

この言葉こそが、人々の感動を最高潮にしたものでした。演説を聞いて、涙を流す人たちもいました。

 

 

ですが実は、オバマ氏がその場でこの言葉を思いついたのではありません。

 

オバマ氏には、ジョン・ファブローという演説ライターがいます。

 

オバマ氏の言いたい趣旨を、より感動的に伝える言葉を作り変えたのです。

 

この感動は作り出されたものです。

 

人を「感動」させる言葉は、日本にたりない部分です。日本は政策ばかりで、感動がないから国民がついてきませんからね。

 

感動を作るには、ただ伝えたいことをそのまま言い放つのではなく、伝えたい内容にギャップを作ることです。順に説明しましょう。

 

①もっとも伝えたい言葉を決める

②伝えたい言葉の正反対のワードを考え、前半に入れる

③前半と後半が繋がるよう、自由に言葉を埋める

 

この3つだけです。

 

 

実際に考えてみると、さらにわかりやすいので、一緒に考えてみよう。

 

では、手順に沿って考えてみましょう。

 

■原文

「私は味方です」。

このギャップ法で、強い言葉にすると。

 

①もっとも伝えたい言葉を決める。

ここでは、「味方」を最も伝えたいと決めます。

 

②伝えたい言葉の正反対のワードを考え、前半に入れる。

「味方」の正反対のワードはなんでしょう?「敵」ですね。

 

③前半と後半が繋がるよう、自由に言葉を埋める。

ここは、日本人の得意な穴埋め問題です。

 

 

ここは、穴埋めが繋がればなんでもOKです。

 

ギャップ法を使えば、誰でも感動を作ることができます。

 

 

感想

 

ホラー映画嫌いな人でも楽しめる。そんな要素がキャビンにはあります。

 

何より、この映画は人間心理を勉強するならうってつけだと思います。

 

なぜなら、ぼく自身ホラー映画が苦手ですが、キャビンは楽しんで見ることができました。

 

ホラー映画なのに、笑いが止まらなかったのか?

 

この部分を考えるとやはり、ギャップ法とサプライズ法と言った心理的部分が使われているとわかったときは、面白い理由になっとくできさらに楽しめました。

 

また、この映画個人的におもしろかったので、友人に見せたんですけど。「ホラー映画とは思えないほどコメディー映画よりだった!」と、面白いと言って頂けました。

 

興味がある人は、一度は見てほしい映画です。

 

まとめ

・サプライズ法

・ギャップ法

 

文章で稼ぐ仕事に興味があるなら、基本的に2つは覚えておきましょう。

 

ほかにも多くの文章の技法はありますが、初心者の内は2つだけを覚えておけば、文章下手でも人を感動させることは可能です。

 

もし今よりも文章力を向上させたいなら、これからも勉強を続けて確実に文章力を磨いてみましょう。

 

文章力は学べば絶対に向上します。

 

なので、しっかりと学んであなたのスキルを磨いていきましょう!

 


 キャビン

無料特典をプレゼント

ぼくが実績ゼロの時に何をして稼げるようになったのか。その一部を無料特典として配布中。

  1. 無料相談を受け付け中
  2. アフィリエイトで稼げない理由
  3. アフィリエイト収益化できた理由
  4. 実績ゼロからアフィリエイトで稼げた手法

以上の内容です。

公式LINEでは、登録者の7名以上が1週間以内に5桁以上を収益化させた。手法も公開中。

 

無料特典を受け取る方はコチラをクリック。

実績・知識ゼロから収益化できた本当の真実をまとめたレポートを配布中

 

ブログで話さないことを、

公式LINEで配信中!

 

  • ビジネスを学べ!
  • ノウハウだけでは稼げない!
  • 初心者はコンサルを受けろ!

 

初心者なら絶対にこれからやるべき。

 

その嘘に騙されず、何もない初心者から

独学で収益化して0→1突破。

 

ぼくがここまで達成できた理由を、

ぼくの恥ずかしいエピソードをまとめた。

レポートを配布中。