りゅう blog

知識共有ブログ

【Googleの72時間】検索エンジン上位表示されるブログの特徴

Googleに好かれるためには、どうすればいいのか?

 

最近は、この答えがわからず迷走していました。

悩み過ぎて、どうしてもブログに手が付かない。

 

そんなときに、Googleの72時間」という本を見つけたので、今回は書評を書いてみることにしてみしました。

 

ブログ記事は5分くらいで読み終えられる内容となっています。

 

■ブログで得られること

Googleに好かれるブログの特徴

Googleは被災地と繋がっている

Google東日本大震災で市場が広がった

Googleのサービスは東日本大震災と密接にかかわっている。

 

Googleのサービスは東日本大震災以降に、多くの人々に活用されるようになりました。

 

たとえば、東日本大震災時に被災地の家族同士の安否確認がとれるサービスを作成しました。

 

その作成したサービスは、東日本大震災以降に全世界の災害地で活用されるようになりました。

 

その結果、Googleは世界的でも有数のサービス企業へと成長しました。

 

つまり、東日本大震災がきっかけで、Googleは多くの人に求められるようになったということです。

 

Googleサービスと被災地

Googleは被災地の情報を誰にでも調べらえれるように、安否確認サービスを作成しました。

 

そのサービスを作成したことにより、Googleは自社の市場価値を大幅に高めることができました。

 

これは、被災地の人が家族の情報や近隣情報を求めたことを知り作成されたものです。

 

その結果、被災地の方達のニーズを満たし価値を提供する事に成功しました。

 

Googleのサービスが多くの人に求めらえれるようになったのは、東日本大震災のときに多くの方のニーズを満たすことができたこともあるでしょう。

 

このことからわかるように、Googleは多くの人のニーズは満たすことを目的としている。

 

また、SEO対策でGoogleに好かれるブログ記事を書こうとしている人がいますが。

 

Googleに好かれるためには、「読者のニーズを満たす」これだけです。

 

そのためにには、「どうしたらニーズを満たせるのか?」。

 

これを考えことに力を注ぐだけでいい。

 

読者のニーズを満たせなければ、Googleからは見向きもされない。と覚えておきましょう。

 

Google流プロジェクトの進め方

震災発生後、Googleはめざましい勢いで災害対応サービズを開発していった。

 

これら膨大な数に上るプロジェクトは、どのようにして管理されたのか?

 

その時に活躍されたGoogle社員のエリスさんが、被災後に行った大量のプロジェクトを同時に進める思考を紹介しよう。

 

エリスのリスト

 

優先度の基準1:重大さ

優先度の基準2:粗食できる情報化?

優先度の基準3:すでに他社がやっていないか?

優先度の基準4:持続可能性

優先度が低い=プロジェクトの終わりではない

 

優先度の基準1:重大さ

 

震災直後、最初の内は、人々に関わるプロジェクトが優先して進められた。

 

では、それ以後はどうか。

徳生の基準はおうだ。

 

「まず、どれだけ情報がクリティカル(重大)か。そして、どれだけ使えるか。ということを考えました。

 

これは平常時の製品開発と同じ考え方ですが、進めていくうちに、いい天気になってしまう時もあると思うんです。

 

『これって大事だよね』って1人で思い込んでいると、作りあげた本人は満足をしているけれど、実際にはあまり使われていないということが多々あります」。

 

徳生らのふるいにかけられ、提案したプロジェクトをあきらめたエンジニアも多かった。

 

YouTubeのプロダクトマーケティングマネージャー、長谷川秦は震災翌日の3月12日には、YouTubeを使って動画版パーソンファインダーを作りたいという提案をしていた。

 

避難所などにいる人が、YouTubeで動画を使って自らの安否を伝えれば安心できる人も多いだろう、という案だった。

 

長谷川は1日に何回かあったクライシスレスポンスチームのミーティングで「動画もやりたい」と提案する。

 

「最初に提案した時には全く評価されませんでした。

 

実施するために現地の動画はどうやって集めるのか、どのように権利処理をするのか、どのような技術で動画の整理をするのか、そこまでの具体的な実行案に落とした上で提案してほしい、と言われたました」。

 

という話しがありました。

 

優先度の基準2:粗食できる情報化?

 

非常にクオリティカル(重大)で、大勢が関心を持つにもかかわらず、あえて扱うのをやめた情報もある。「放射能汚染」に関する情報だ。

 

震災直後の日曜日、3月13日時点では、Google放射能に関する話題も取り扱う予定でいた。

 

ウェブマスターの三浦は「限発から放射物質が漏れて危険」といったニュースがきになっており、風向きなどのデータを地図に描画できないかと考えていた。

 

社内の関係するチームに問い合わせてみると、風向きのデータがあることはわかった。

 

しかし、放射能に関する情報は、解釈を加えて出すにしても議論を呼びそう出し、手を加えずに出したら利用者はどう判断していいかわからない。

 

結果的に、不安をあおって、混乱を増幅させることにもなりかねない。

 

そこで徳生は「少しコンサバ(保守的)だったか」と思いつつも、放射能関係のデータは扱われないという判断を下さず。

 

クライシスレスポンスチーム内では放射能に関連した情報サービスのアイデアがたくさん出しており、それがリスト化されており、それがリスト化されてもいたが、結局すべて断念することになった。

 

この判断については、今までも議論がわかれるところで、筆者らの取材中も、クライシスレスポンスチームのメンバーからは「それでも、やはりあの時、情報を出すべきだったんじゃないかな」といった声も聞かれた。

 

手を加えずに情報を出せば、それが議論の師たちにもなるという意見だ。

 

という話しもある。

 

優先度の基準3:すでに他社でやっていないか?

 

プロジェクトを進めるかどうかの判断基準にした材料は、もう1つある。

 

それは「他者がやっていないか」だ。

 

例えばパーソンファインダーは災害発生から日にちがたつにつれ、必然的にニーズが下がってくる。

 

個々のユーザーにとっては、安否確認ができれば再度訪れる必要がないからだ。

 

ということは、前出の特設ページには、災害からの日数の経過に大路て、「緊急対策」から「復旧作業」へのシフトなど、適切な情報が変化していくのかもしれない。

 

ならば、「すべてのサービスを自社で用意する必要はなく、場合によっては他者のサービスをどんどん載せるべきだ」と徳生や三浦は考えていた。

 

実際、Googleのクライシスレスポンス特設ページには、Yahoo! Japanやたすけあいジャパンといったボランティア活動へのリンクも喝采されていた。

 

同様に、情報サービスはたくさん立ち上がれば立ち上がるほど、情報が分散してしまう。

 

元となる情報の蓄積先(データベース)として同じものを共有していればその心配はないが、別のデータベースを持っていると、避難場所の情報にも、支援物質や焼き出しの場所の情報にしても、分散してしまい役に立たないものになってしまうことが多い。

 

会社組織ではなく個人やグループで、情報活動をする人たちは、自分の信念を少し曲げてでも、多様な人を取り込んでいった方がより活動ができているのかもしれない。

 

という話しもあります。

 

優先度の基準4:持続可能性

 

プロジェクトを進めるべきかどうかの判断基準が、もう1つあるとすれば、それはプロジェクトが持続可能か否かだろう。

 

実は震災直後、NTT東日本Twitterを通して公表し始めた避難所の特設公衆電話の場所を個人的にグーグルマップにまとめていた。

 

日本語の情報では、被災地の外国人にはわからないどうと考えたからだ。

 

実際にマップを作り始めると、情報の写し間違いなのか、存在しない学校の名前なども出てきたが、そうした情報にうちてはNNT東人のTwitterアカウントに直接質問したり、その土地に詳しい人にTwitterで助言をもらったりした。

 

情報をまとめるのに半日ほどかかったが、なんとか降下して、自分のTwitterで助言をもらったりした。

 

情報をまとめるのに半日ほどかかったが、なんとか公開して、自分のTwitterアカウントで他の情報を流さないように1度だけ宣伝した。

 

しかしその後、特設公衆電話が追加されていく状況を見て「これは自分では継続できない」とあきらめた。

 

あきらめたからには作った情報を削除するか、宣伝のつぶやくを削除しないと、誤って古い情報にアクセスする人も出てくるかもしれない。

 

とはいえ、半日がかりで作った情報を、そのまま捨ててしまうのはもったいない。

 

信頼していた災害情報サイトの1つに情報提供の窓口があったので、そこになぜ特設公衆電話設置場所の地図化が必要かの理由と、それまでの成果、そして自分で継続更新を断念した理由を書き添えて送信した。

 

Googleでも園児には、データ入力の手間を軽減できるよう工夫するなどシステム側にプロジェクトを継続しやすい仕組みを盛り込むようにしていた。

 

ウェブマスターなどは状況に応じて重要でなくなった情報は整理して、見えにくくするなどの配慮をおこなった。

 

優先度が低い=プロジェクトの終わりではない

 

クライシスレスポインスチームのミーティングで低い優先度がつけられ、なくなってしまったプロジェクトもある、という話しをした。

 

だが、管理者が「不採用」を決めても、作る側に熱意があれば、続けれるのもGoogleの特徴です。

 

例えば、被災時におきたとき2つのサービスを作る話しがありました。

 

それが、人命救助サービスとペット創作のサービスです。

 

どちらを作成するのか。という話しがあった。

 

しかし、Googleは人命救助を優先的に考え、人命救助サービスを優先的に作成するようにしたという話しがある。

 

何が大事で、何がそうでないのかを決めるプライオリティの判断は非常に難しい。

 

管理者をエンジニアの間では、これに限らず、たびたび衝突があったようだ。

 

しかし、この判断なしにことを進めていたら、誰の役にもたたないムダな開発や同じようなサービスが乱立し、短期間にあれだけ多くの有益なサービスを立ち上げられなかったでしょう。

 

という考えが、Google社員のエリスさんの考えです。

 

感想

 

Googleの72時間。この本を一言でまとめると、「Googleはユーザーのニーズを満たせる人」を求めている。

 

この言葉だろうと思っています。

 

この記事では被災地の話を何度もしていますが、Googleはユーザーのニーズを満たすことに力を注いでいます。

 

なぜなら、ニーズを満たすことで、Googleのサービスを使う人が格段に冷えるからです。

 

だから、ブログのSEO対策で読者のニーズを満たす記事がよく評価されている。

 

例えば、ドメインパワーがないと検索エンジンで上位表示されない。という間違った考えの人をよく見る。

 

実際は、ドメインパワーがなくても検索エンジンで上位表示されます。

 

ぼく自身、ドメインパワーが0のとき。

 

読者のニーズに応えるブログ記事を書いたことで、SEO対策をせずとも検索エンジンで上位表示をとることができました。

 

そのときのブログ記事はコチラをクリックすると閲覧することができます。

 

ホントにこの部分を理解しない人が多くいて。

 

そのせいで、せっかく始めたブログも結果が出ず挫折するという人がすごく多し、正直もったいないとぼくは思っている。

 

周りの人が挑戦しないなか、あなただけが一歩を踏み出したのに、頑張っても結果が出ない…。

 

もったいないとしか言えません。

 

せっかくブログに挑戦したのですから、周りの人を見返すくらいの結果を出して周りを見返す。

 

それくらいやってのけましょう。挑戦を始めたあなたには、それだけの力があります。

 

あとは、「どれだけニーズを満たせるか?」。この部分を考えるだけでいい。

 

ぼく自身、この部分考えるようにしてから結果が出始めたの。

 

なので「読者が求めるニーズ」。これを考えるようにしてみて下さい。

 

まとめ

Googleはニーズを満たせる情報を求めている

Googleに好かれるブログは決まっている

・情報は正確に伝える

 

Googleは多くの人のニーズに応えることを目標にしています。

 

だから、自分自身が伝えたいことだけをブログに書いても評価されません。

 

なので、「読者のニーズを満たせる情報か?」。これを考えてブログを書くようにしてみよう。

無料特典をプレゼント

ぼくが実績ゼロの時に何をして稼げるようになったのか。その一部を無料特典として配布中。

  1. 無料相談を受け付け中
  2. アフィリエイトで稼げない理由
  3. アフィリエイト収益化できた理由
  4. 実績ゼロからアフィリエイトで稼げた手法

以上の内容です。

公式LINEでは、登録者の7名以上が1週間以内に5桁以上を収益化させた。手法も公開中。

 

無料特典を受け取る方はコチラをクリック。

実績・知識ゼロから収益化できた本当の真実をまとめたレポートを配布中

 

ブログで話さないことを、

公式LINEで配信中!

 

  • ビジネスを学べ!
  • ノウハウだけでは稼げない!
  • 初心者はコンサルを受けろ!

 

初心者なら絶対にこれからやるべき。

 

その嘘に騙されず、何もない初心者から

独学で収益化して0→1突破。

 

ぼくがここまで達成できた理由を、

ぼくの恥ずかしいエピソードをまとめた。

レポートを配布中。